子供1人を高校卒業させるまでにかかる学習費の総額

一般的に、子ども1人を高校卒業させるまでには、約2,000万円が必要といわれています。しかし、私立・公立のどちらを選択するかによって、その費用は大幅に変動します。

今回は、文部科学省の最新データから子どもの学習費がどれぐらいかかるのかということについてみて行きたいと思います。

学費の支出状況

保護者が支出した1年間の子供1人当たりの学習費総額は、公立幼稚園で23万4千円、私立幼稚園で48万2千円、公立小学校で32万2千円、私立小学校で152万8千円、公立中学校で47万9千円、私立中学校で132万7千円、公立高等学校(全日制)で45万1千円、私立高等学校(全日制)で104万円となっています。
公立学校と私立学校の学習費支出状況を比較すると、私立の学習費総額は公立の学習費に対して、幼稚園では2.1倍、小学校では4.7倍、中学校では2.8倍、高等学校(全日制)では2.3倍となっています。この比率は26年度の調査からわずかに減少しました。

男女によって異なる学校外活動費

学費とは別に、学習費総額を構成する項目の1つに分類される費用のことを学校外活動費といいます。実はその学校外活動費は男女によって異なることが調査結果からわかっています。

子どもが生まれるということは、この上ない喜びですし、その成長は日々楽しいものです。しかし、子どもが成長するにつれて教育費がかかるようになり、その費用は簡単に準備できるものではありません。

下の図を見てください、3歳から18歳(高校)まで、すべて公立に通わせた場合は500万円ほど、すべて私立に通わせた場合は1,770万円以上かかってきます。

このような点を踏まえて、日々のお金のやりくりをうまく行っていきたいところです。また、学資保険を利用するのもいいでしょう。