不動産投資の成功率の驚くべき実態、成功率を上げる方法

不動産投資を考える人は誰しも投資に成功したい、と考えますよね。しかし、当然のことながら、不動産に投資するすべての人が成功できているわけではありません。不動産投資の成功率とそれを上げる方法についてお伝えします。

不動産投資の成功率はどのくらい?

・そもそも不動産投資の成功とは
不動産投資の成功率を考える前に、そもそも「不動産投資の成功」とはどういう状態なのかを考えておきましょう。
不動産投資の目的は人によって違います。家賃収入で生活していきたいという人から、相続税対策の投資、さらに節税効果や将来の年金代わりを考えている人まで、それぞれの目的によって、ゴールが変わってきます。
不動産投資の成功率を上げたいならば、自分自身が不動産投資でどういった成功を収めたいか、イメージしておくことが大切です。

・実際の成功率の統計はない
不動産投資のゴールが人によって違うこともあり、成功率がどのくらいなのか公的なデータはありませんが、成功率はあまり高くないというのが現実のようです。

一説によると家賃収入による不労所得で生活していける、あるいは不動産投資家として事業を成長させることができるのは、たったの1割以下。
毎月収支が永続的にプラスになるという目標でも2~3割の成功率にとどまっています。
相続税対策や、副業での収入で5割程度の成功率、生命保険代わり、将来の年金代わりとなると、成功率は7割ほどにアップしているようです。

不動産投資の成功率を上げる方法

不動産投資の成功率を上げるにはどうしたらいいのでしょうか。①物件選び、②知識・情報、③メンテナンス、という3つの方向から解説します。

①良い物件を選ぶ
不動産投資で最も重要なのが物件選びです。どんな物件を選ぶかで、収入が変わってきます。

・理想の物件が見つかるまで妥協しない
初めて不動産投資をするという人が陥りがちなのが、一刻も早く家賃収入を得たいと考えて、焦って物件を決めてしまうことです。収益がしっかり予想できないまま購入するのは一種のギャンブルでしかありません。せっかく投資した物件でうまく運営できなかったら後悔しか残りません。すぐに売りたいところですが、5年以内の短期売買では税率が高くなってしまうため、売るに売れないという悔しい思いをする可能性もあります。

不動産投資物件が資産となるように妥協せずに探し続けましょう。
人気エリアでは希望にかなった物件があったとしても、すでに他の投資家に先を越されてしまっていた、などということもあるでしょうが、それでも焦りは禁物です。

・資産価値のある物件を選ぶ
投資用物件として不動産を見る場合、私たちはどうしても「利回り」に注目しがちですが、不動産という資産そのものの価値についても、しっかりおさえておくのがポイントです。

購入時は利回りが良い物件でも、資産価値が低かったり下がりやすかったりという場合、どんどん資産が目減りして結局損をしてしまうことになりかねません。
都心の駅近のマンションなど資産価値そのものが高く、下がりにくい(むしろ上昇する可能性もある)物件ならば、転売して利益を得ることもできます。

不動産に投資するときは転売目的ではなかったとしても、転売でも儲けられるような物件を選ぶのが理想です。

②知識・情報をたくわえる
不動産投資に限らず、投資は一種の情報戦です。知識と情報は多いほど成功率は高まるといって良いでしょう。

不動産投資にはさまざまな知識と情報が必要とされます。

・法律、税金、ローンなど
・物件の管理やリフォーム
・自分の物件があるエリアの情報
・不動産業者との付き合い方
・その他、広告宣伝など

これらについてよく知らないまま、やみくもに投資しても成功はおぼつかないでしょう。書籍、セミナー、インターネットなどで学び知識をたくわえることが必須です。

信頼できる投資パートナーがいるのはいいことですが、頼り切りになってしまってはよくありません、情報は、必ずいくつかのソースを比較して、多面的に見るよう心がけましょう。
また、一度学んだからそれで安泰というわけではありません。制度の変更や金融情勢の流れなど不動産投資を取り巻く状況は日々移り変わっています。常に勉強して情報をアップデートしなければなりません。

③物件のメンテナンスを
「この物件に住みたい」と入居者に思ってもらえるような物件であることが、不動産投資の成功率を高めます。逆に、どんなにいい条件の物件に投資しても、メンテナンスを怠れば清潔感が損なわれ入居者に嫌われ、空き室リスクが高まってしまいます。
入居者の気持ちを考えて物件のメンテナンスをしていきましょう。

・成功よりも失敗しない投資を目指す
不動産投資は他の投資と較べて相場の動きがゆるやかなので、じっくりと考えながら投資をすることができますが、多少の損が出ていても「まだ大丈夫」と楽観的に錯覚してしまいがちな傾向もあります。
投資をする前に、あらかじめ「◎年後に◎円を下回ったら売却」などと損切りのルールを決めておくことをおすすめします。不動産投資は長期投資です。大きく儲かることを狙わずに「損しない」を意識していけば、成功率は高まります。