子供を私立小学校に通わせると学費の負担はどれくらい?

公立小学校の学費はいくらかかるのか?

子供の将来を考えると私立小学校へ入学させてあげたいと考えている方は結構多いのではないでしょうか。そこで本コラムでは、公立小学校、私立小学校の学費はどのくらいかかるのかと共に、公立小学校と私立小学校の学費の違いについてご紹介します。

公立小学校、私立小学校の学費については、文部科学省が「子供の学習費」について隔年で調査を実施していますので、この記事では、文部科学省の「平成28年度子供の学習費調査」を参考に解説していきます。

公立小学校でも年間で32万円の学習費がかかる

文部科学省の「平成28年度子供の学習費調査」によると、子供を公立小学校に入れた場合に1年間にかかる学費は次の表の通りです。

この調査では、学費のことを「学習費総額」と表現しており、その内訳は「学校教育費」「学校給食費」「学校外活動費」の3つです。

子供を公立小学校に入れた場合の1年間にかかる学費は、32万円になります。

「学校教育費」とは、子供に学校教育を受けさせるために保護者が負担する費用や、納付する費用のことで、学用品費(筆記用具、実験や実習の材料費など)や通学費などがこれにあたります。

「学校外活動費」とは、子供が学校外活動をするために必要な費用のことで、修学旅行費などがあります。

「学習費総額」の中で最も構成比が高いのは、「学校外活動費」で約3分の2を占めており、次いで「学校教育費」、「学校給食費」の順になっています。

「学校外活動費」の構成比が最も高いのは、「スポーツ・レクリエーション活動」、「学習費」だけで「学校外活動費」の5割以上を占めているためです。「スポーツ・レクリエーション活動」とは、野球、サッカー、体操などスポーツを習うための費用で、一方の「学習費」は、学習塾に通ったり英語を習ったりする際の月謝のことです。

更に、公立小学校では「学校教育費」に、授業料が含まれないことも「学校外活動費」の構成比が高くなっている要因です。

私立小学校の学費は年間で約153万円

文部科学省の「平成28年度子供の学習費調査」によると、子供を私立小学校に入れた場合の1年間にかかる学費は次の表の通りです。「学習費総額」以下、各項目については、公立小学校の場合と同様です。

子供を私立小学校に入れた場合の1年間にかかる学費は、約153万円です。公立小学校が約32万円なので、およそ5倍の費用がかかるということです。

「学習費総額」の中で最も構成比が高いのは「学校教育費」で、次いで「学校外活動費」、「学校給食費」の順になっています。

「学校教育費」の構成比が最も高くなっているのは、公立小学校ではかからない「授業料」があるためで、「学校教育費」のうち53.0%と5割以上を占めています。次いで「学校納付金等」(26.0%)、「通学関係費」(10.3%)の順になっています。

「学校納付金等」とは、受験料や入学金、施設整備資金、保健衛生費、後援会費など学校への納付金、PTA会費、寄附金などのことを言います。「通学関係費」とは、通学するための交通費、自転車購入費、制服代、ランドセルなどの購入費のことです。

公立小学校と私立小学校では、学費におよそ5倍もの差がある

子供を私立小学校に入れる場合と公立小学校に入れる場合の学費負担をみてきましたが、ここではそれぞれの学費の違いをご説明します。

文部科学省の「平成28年度子供の学習費調査」を元に、子供を公立小学校に入れた場合、私立小学校に入れた場合の1年間にかかる学費を比較すると、次の表のようになります。

公立小学校における1年間にかかる学費である「学習費総額」が約32万円であるのに対し、私立小学校では約153万円の学費がかかることから、子供を私立小学校に入れた場合、公立小学校のおよそ5倍もの学費を負担する必要があります。

ちなみに、「学習費総額」を月額にすると、公立小学校が26,859円、私立小学校が127,353円になります。

公立小学校と私立小学校の「学習費総額」の内訳を比較してみると、「学校給食費」は、ほぼ同額であるものの、私立小学校の「学校教育費」は公立小学校の14.5倍、私立小学校の「学校外活動費」は公立小学校の2.8倍の学費となっており、大幅に上回っています。

私立小学校の「学校教育費」が公立小学校の14.5倍も上回っているのは、公立小学校の「授業料」が無料なのに対して、私立小学校の「授業料」が約46万円もかかることが大きな要因になっています。

私立小学校の「授業料」は「学校教育費」の53.0%を占めているだけでなく、公立小学校の「学習費総額」を上回っていることになります。

私立小学校の「学校教育費」の中で、「授業料」の次に支出が多いのが「学校納付金等」で約23万円かかることから、公立小学校の22.3倍にもなっています。

私立小学校に通わせるには、収入・資産に余裕がないと厳しい

以上のように、子供を私立小学校に入れる場合には、公立小学校の5倍近くもの学費を保護者が負担しなければならないことがわかりました。つまり、保護者にそれなりの収入がないと難しいということです。

子供が大学を卒業するまでを見据えて、金銭的に支えていくことができるのかをよく考えて、結論を出したほうがよいといえるでしょう。

この記事の監修者

北野 琴奈ファイナンシャル・プランナー(日本FP協会認定 CFP®認定者)

津田塾大学卒業後、会社員を経て独立。実践型ファイナンシャル・プランナーとして資産運用、不動産投資・賃貸経営、キャリアなどに関する講演、執筆、コンサルティング等を行う。TBS「がっちりマンデー!!」「がっちりアカデミー!!」、BS11デジタル「不動産王」、BSジャパン「日経プラス10」、日経CNBC「不動産投資AtoZ」等にコメンテーターとして出演。その他メディア出演・取材協力多数。