ちりも積もれば山となる!毎日のランチ代を節約するコツ

サラリーマンのランチ代はどれくらい?

あなたは、1日当たりのランチ代にどのくらいの費用をかけているでしょうか?

新生銀行が毎年実施している「サラリーマンのお小遣い調査」では、サラリーマンの1日の平均昼食代を調査しています。

2018年の最新調査によると、サラリーマンの1日の平均昼食代は570円となっています。
外食する、コンビニなどでランチを買う、お弁当を持参するなど、ランチの形態は人それぞれですから、570円という金額を安いと感じる方もいれば、高いと感じる方もいることでしょう。

570円はあくまで平均値であり、毎日のランチが外食ばかりという方の中には、ランチ代を節約したいと考えている方も多いはずです。

では、実際にランチ代を節約することによって、どのような効果があるのでしょうか。

毎日300円節約すれば、1年間で72,000円の差に

東京都内で外食する場合、お店によって異なりますが、平均するとランチ代は800円くらいといわれています。

ランチ代を800円、1カ月の出勤日数を20日とすると、1カ月のランチ代は800円 × 20日 = 16,000円となり、1年間で192,000円にもなります。

このランチ代を800円から300円節約して、500円に節約した場合、1カ月当たりのランチ代は、500円 × 20日 = 10,000円なので、1カ月で6,000円の節約となります。1年間なら、 6,000円×12カ月 = 72,000円の節約になります。

1日あたりだとわずかな金額でも、ランチ代は毎日かかるものなので、1年間で考えると大きな違いが生まれます。

では、毎日のランチ代を節約するためには、具体的にどのような方法で、どのように実践すればいいのでしょうか。

ランチ代にかかる費用を節約するコツ

ランチ代を節約することで、大きな節約効果が期待できるということを解説しましたが、ランチ代を節約するにはコツがあります。

①役所や会社の食堂を利用する

毎日外食しているという人は、いつも行っている外食先のお店よりも安いお店に変更すれば、ランチ代を節約できます。

ここで利用したいのが、役所の食堂や会社の食堂(社員食堂)です。

というのは、役所や会社の食堂では、たいてい安い価格に設定されており、ワンコイン、つまり500円以内で食べられるメニューが多いからです。

職場に社員食堂がある方は積極的に社員食堂を利用し、社員食堂がないという人は、最寄りの役所の食堂を利用してみてください。

役所の食堂に行ったことがないという人もいるかと思いますが、一般に開放していることが多いので、利用することができると思います。

役所や会社の食堂は、安いだけでなく、メニューが豊富なので毎日通っても飽きないと思います。

②コンビニではなくスーパーを利用する

ランチでは外食せず、コンビニを利用している人も多いのではないでしょうか。
コンビニはどこにでもあり、気軽で便利ですが、費用が割高になってしまいがちです。

また、コンビニだとついつい余計なものまで買いすぎてしまうこともあるかと思います。
そういう方におすすめしたいのが、スーパーです。
職場の近くにスーパーがあるという方は、コンビニではなくスーパーを利用するだけで、かなり安くお弁当や飲み物が購入できるでしょう。

職場の近くにスーパーがないという人は、地元のスーパーで飲み物だけでもまとめ買いしておけば、飲み物代を節約することができます。

③ご飯を持参する

もっとランチ代を節約したいという人は、ご飯を持参するという方法もあります。
ご飯さえ持参すれば、コンビニやスーパーでお弁当ではなく惣菜を買えばいいので、更なる節約になります。

④お弁当を持参する

お弁当を持参することは、大きな節約になります。
冒頭にご説明した新生銀行の「2018年サラリーマンのお小遣い調査」でも、33.1%のサラリーマンがお弁当を持参しています。ちなみに女性会社員は51.7%です。

しかし、独身の方や既婚でも共働きの方の中には、普段から自炊していないため、お弁当なんて作れないという方が多いのではないかと思います。また、時間がかかることを懸念する方もいるでしょう。

そういう方は、役所や会社の食堂を利用したり、コンビニやスーパーを利用したりすれば、ランチ代の節約が可能です。自分にできる方法で、無理なく、栄養バランスも考えた上で、節約に挑んでください。

この記事の監修者

北野 琴奈ファイナンシャル・プランナー(日本FP協会認定 CFP®認定者)

津田塾大学卒業後、会社員を経て独立。実践型ファイナンシャル・プランナーとして資産運用、不動産投資・賃貸経営、キャリアなどに関する講演、執筆、コンサルティング等を行う。TBS「がっちりマンデー!!」「がっちりアカデミー!!」、BS11デジタル「不動産王」、BSジャパン「日経プラス10」、日経CNBC「不動産投資AtoZ」等にコメンテーターとして出演。その他メディア出演・取材協力多数。